故人の希望に合った葬儀を実施|最低限の予算で家族を見送るプラン

葬式

家族だけで葬儀を実施

葬儀

家族葬とは、近親者だけで行う葬儀の形態である。密葬と似た意味を持っているが、訃報を知った友人や知人も葬儀に参加する部分が少々異なっている。
一般葬と違い、近親者だけで葬儀を行うため故人とのお別れがゆっくり出来るメリットがあり、最近では主流となりつつある葬儀の形態である。葬儀会社も家族葬専門の会社が登場するなど、時代とともに少しずつ変化している。近所付き合いが希薄になっている現在、葬儀の小規模化は更に進むと予想される。

家族葬の費用は、一般葬に比べると会場費、祭壇料などが安いため合計金額を比較するとかなり安い印象を受けるが、香典の収入が一般葬よりも少ない分、身内の持ち出しが多くなる特徴がある。
身内の数は一般葬でも家族葬でも変わりないため、食事代や宿泊のための布団代などは変わらず、負担が大きいのがデメリットである。ただし、現在では安い葬儀プランも各葬儀会社から提案されており、それほど大きな負担にはならないように工夫されている。

最近非常に増えているのが、家族葬専門の葬儀会社である。小規模の葬儀しか行なわないため、斎場も大きなものは無く、小さめの斎場を所有している葬儀会社が多いのが特徴である。
総合的にサポートしている葬儀会社と違い家族葬に特化しているため、サービスの質は非常に良くある程度のわがままも対応してくれる柔軟さを持っている。身内だけで静かに葬儀を行うつもりであれば、専門の葬儀会社を利用したほうが色々な意味で満足のいく葬儀になる可能性が高い。