故人の希望に合った葬儀を実施|最低限の予算で家族を見送るプラン

葬式

葬儀を実施する際の注意点

花

家族葬は、葬儀のあたらしい形態のひとつである。家族葬のデメリットは、参列する人が家族や身内などごく近い人に限られるため、知人や友人などは参列することができないということである。
参列することができないので、亡くなったあとにあらためて自宅などにおまいりをするために訪問することが多く、遺族は週末ごとに弔問に訪れる人の対応におわれることとなる。
また、葬儀に参列する人が少ないと、香典の額も少なくなってしまう。

直葬は、通夜や告別式などの葬儀が行われないので、生前親しかった人も遺族でなければ故人とお別れをすることができない。場合によっては、亡くなったことを知らされていない可能性もある。
また、この方法はまだメジャーではなくあまり知られていないので、まわりから反感をかう可能性もある。とくに葬儀をおこなうことが当たり前とされる世代の人たちからは、故人を大切にしていないという印象をあたえてしまいやすい。

葬儀を行うときは自然葬などもあるが、今でも火葬が一般的な方法であり、土葬と違って腐敗菌の発生や土地の確保などの問題を気にする必要がなくなる。またペットが亡くなった時に行うケースもあり、ペットを家族の一員として考える人も増えている。
ペットは人と違って火葬場規制がないため、近所とトラブルになることがある。そのため建設をする際には条例を決める場所も出てきている。また悪質な業者によるトラブルも増加しているため業者に頼むときは、見積書や計画の流れを見る必要がある。