故人の希望に合った葬儀を実施|最低限の予算で家族を見送るプラン

葬式

多くの人に注目される散骨

花

散骨とは、火葬が終わった後の故人の遺骨を骨壺に入れて墓地に埋葬するのではなく、遺灰にして山や海などに撒くことである。自然葬とも捉えられており、最近は関心を持つ人たちが増えている。
山などの陸地での散骨を希望する場合は、行政からの許可が出ている地域でなければいけないと定められており、事前に調べておいた方がよい。海の場合も、陸地から遠ざかり、沖合に出てから撒くなど節度を保ったマナーを守らなければいけないので注意が必要である。

散骨に関心を持つ人は年々増えており、その理由はさまざまである。
一つは、従来の墓に入りたいとは思えず、縁のある土地または海に撒いて欲しいという故人の願いである。故郷や思い出の土地を希望する場合が多い。
また、少子化の影響で、死後に墓の管理をする子孫がいないことも大きな理由となっており、無縁墓になるくらいならば散骨をしたいと願う人たちが増えている。
さらに、墓の建設および維持に費用をかけたくないという理由もある。

山での散骨は、寺院や葬儀社に依頼して定められた区間に撒く場合が多い。他者の持ち物である山に入り、勝手に撒くことは違法になるからである。山に撒いたあと、記念の樹木を植えることも多々あるので、樹木葬とも呼ばれている。
海で散骨する場合は、陸地から遠い沖合まで出ることが条件であり、遺灰を水溶性ごと撒くこともできる。海洋葬とも呼ばれており、船を調達する必要があるので、葬儀社に手配を頼むことがよく見受けられる。