故人の希望に合った葬儀を実施|最低限の予算で家族を見送るプラン

葬儀

家族だけで葬儀を実施

葬儀

家族葬は故人と親しかった方達だけが参加できる葬式であり、現在では家族葬を行なうのが主流となってきています。また家族葬の費用は一般の葬儀よりも安いため、葬儀の費用に余裕が無い方に最適です。

詳細を確認する

多くの人に注目される散骨

花

近年では火葬後の遺灰を散骨するのが注目を集めており、葬儀の際に散骨を行なう方の数も徐々に増えてきています。また散骨を行なう場所は葬儀会社によって決められており、自分で散骨する場所を選ぶことはできないので注意しましょう。

詳細を確認する

葬儀を実施する際の注意点

花

現在では家族葬を行なうのが主流となってきていますが、家族葬には香典の額が少なくなるなどの欠点も存在するので注意しましょう。また直葬や火葬にもそれぞれデメリットが存在するので、実施する際は内容をよく確認する必要があります。

詳細を確認する

多くの方が利用する葬儀

男性

葬儀は、元来多くの関係者が一同に参加する大規模なものであったが、最近ではライフスタイルや家族構成の変化により、小規模の家族葬と呼ばれる形態が急速に広がりつつある。
家族葬は、参列者を近親者のみに限定した葬儀であり、費用もそれほどかからない。
何よりも多くの参列者がいる場合に比べて、喪主が個々の参列者に対応する機会も少なく済むため、喪主の心理的負担が少ないというメリットがある。
家族葬専用の斎場も増加傾向にあり、今後は主流になると思われる。

直葬とは、通夜や告別式などの葬儀をおこなわずに、死亡をして1日おいてから、すぐに火葬することである。この方法は最近、都内を中心に広まりつつある方式である。
このメリットのひとつは、安くすむということである。一般的な葬儀をあげるためには100万円以上かかることが多いが、火葬だけならば20万程度でおさえることができる。また、葬儀をするためには、参列者に知らせなければならないが、そのようなわずらわしさもない。

火葬とは、遺体を火で焼却することである。
日本では、昔は土葬が行われていたが、遺体を焼却するようになってから土に埋めることで起こっていた衛生上の問題が解消されたり、その埋葬場所に困らなくなった。火葬ならば、コンパクトに骨壺に収めることができるので、運ぶのも楽である。
また、骨になった故人を、故人の希望の場所に散骨して葬ることもできるようになった。海や山、思い出の地に粉となった骨を撒くことが人気である。